インテリアにコスメグッズ

広告効果のある販促品を活用して企業アピールをしましょう

目的に合わせて賢く作成したい販促グッズ

オリジナルバッグ

企業がお客様に配る販促品にはいろいろなものがあります。
自社の知名度アップや新製品のPR、店舗のオープンの告知など、目的もさまざまです。
いずれも、「かさばらない」「日常的によく使う」「複数あっても困らない」など、受け取る側の使い勝手を考えたアイテム選びがポイントになっています。

販促品としてよく利用されている具体例を挙げると、ポケットティッシュ、ウェットティッシュ、付箋メモ、ボールペン、マスク、油取り紙、うちわ、オリジナルクリアファイルなどがあります。ほとんどの方が、どれか一つはもらったことがあるのではないでしょうか。

こうした販促品を作成するなら、専門業者に依頼するのが便利でおすすめです。
アイテムもいろいろ取り揃えられているので、目的や配布シーン、ターゲットに合わせて選ぶことができます。

販促品を作成する場合、企業名・店名・商品名などのロゴやマーク、イメージキャラクター、連絡先など、必ず入れ込みたい要素があると思います。
その上で、好印象を持ってもらえるデザインに仕上げたいものです。

オリジナルクリアファイルの作成を例にとると、A4サイズの裏表をデザインスペースに使えるので自由度が高く、要素も十分に入れることができます。大胆なデザイン、可愛いデザインなど、専門業者と相談しながら狙いに合わせて決めていきましょう。
オリジナルクリアファイルはかさばらずに長く使ってもらえるものなので、販促品としてはとても優秀です。
オンリーワンのグッズとして、上手に活用しましょう。

販促グッズを活用した広報活動にはいろいろなやり方がある

販促品を活用した広報活動には、たくさん配布して知名度やイメージの向上をめざす方法を少数作成して希少価値を高める方法の2つのやり方があります。
前者のやり方は一般的にイメージされる販促品の使われ方です。特性うちわなど安価ながら企業名や商品名をしっかりアピールできる販促品を大量に配布することで広報活動を行い、知名度やイメージの向上を目指します。この方法では販促品を大量に生産する必要があるので単価の安いアイテムを選ぶのが一般的です。特性うちわやオリジナルクリアファイルなどは安い単価ながら人気が高く十分な広報効果が見込めるアイテムです。
販促品の希少価値を高めるやり方ではアイテムの生産数は少数に限定されます。数を絞ることで希少価値が高まり、多くの人にほしいと思わせることで応募券付きの商品購入やキャンペーンへの参加を促します。希少性が重要なので販促品には特別な付加価値がつけられたものが投入されます。人気芸能人とタイアップした特性フォトスタンドや人気キャラクターのイラスト入りオリジナルクリアファイルなど、限定アイテムとして付加価値を高めることで企業の知名度向上に結びつけます。
同じアイテムでもアプローチによって価値はガラリと変わります。企業のロゴのみと限定イラスト入りでは同じオリジナルクリアファイルでも価値は全く変わるので、広報の目的によってデザインを選択してください。

貰った人が嫌がらない物を選んで販促品を作ろう

販促品として文房具が選ばれることが多いですが、理由は文房具は貰った人が嫌がらず、普通に使ってくれるからです。販促品は宣伝の一環で配りますが、宣伝したい商品そのものとは異なるので、手を抜いてしまうことがありますが、それではいけません。
販促品として、オリジナルクリアファイルを制作することが良くあります。これが良い理由は、薄くてかさばらない利点と、比較的大きな面に宣伝イラストなどを印刷することができるので、アピールにつながりやすいからです。これなら、貰った人は嫌がることがありませんし、宣伝する商品に対するイメージも良くなるでしょう。
オリジナルクリアファイルの他にも、うちわが選ばれることもあります。うちわは特に夏に強い販促品として活躍します。夏は暑いのでうちわを配ることは喜ばれますし、すぐに使ってくれます。そして、使っているうちにそこに書かれている印刷をみて商品に対して興味を持ってもらうことが可能です。
このように、オリジナルクリアファイルやうちわは販促品として優れた効果を発揮しますが、専門業者に依頼すれば簡単に作ってくれます。印刷する商品の種類やサイズも多いですし、大量にも注文可能なので、宣伝のために販促品を作りたい方は業者に依頼すると良いでしょう。

Recent Posts